エントリーは、マイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 就活塾
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲

事業の特徴

ロジスティクス事業とエレクトロニクス事業を結びつけることでシナジーを生み出す

「ロジトロニクス企業」を目指し、社会貢献活動にもより一層力を入れてまいります。

シナジーの例

●事業シナジー(相互作用)を生むことによる発展

  • サービス領域の拡大
  • 設計開発・製造~輸送までのプロセスにおいて全体最適化を図れる
  • エレクトロニクスの管理精度をロジスティクスに応用 etc

●経営リスクを分散させることができる安定性

●従業員に様々な知識が身に付き視野が広がる

●社会貢献への意識を組織全体が持つことができる

ロジスティクス事業~現在(場所)を繋ぐ~

■3PL(Third Party Logistics)事業

お客様の生産・販売活動全体をみつめて、もっとも効率的な物流ルートを設計し、

ものづくりと販売を繋ぐ流れを最適化する改善策を提案する「物流から始まる事業改革の支援」を行っています。

 

■美術品輸送事業

国際ネットワークICEFATに加盟する日本を代表する美術品輸送会社の一つであり、

世界各地と日本を結ぶ美術品輸送のネットワークの中で梱包から輸送・保管・展示までを手掛けています。

 

エレクトロニクス事業~未来(発展)へ繋ぐ~

■EMS(Electronics Manufacturing Service)事業

設計から部材調達・製造・納品までをカバーするEMSの一貫体制のもと、国内外に生産工場を持ち、

お客様に高品質・高効率の優れた価値を提供しています。

30年にわたり、主に電子部品をプリント基板に実装するSMT(Surface Mount Technology)事業に取り組み、

日本トップクラスのEMS企業となりました。

 

文化事業~過去(伝統)を繋ぐ~

■四国民家博物館「四国村」の運営

故郷の四国(香川)への恩返しのための社会貢献活動の一つとして行っています。

源平合戦の古戦場として知られる屋島の麓にあり、

5万平方メートルの敷地に四国を中心とした全国各地から移築された古民家や旧跡、

建築家・安藤忠雄氏が設計した四国村ギャラリーには水景庭園をはじめ、

ピカソやルノアールなどの美術品が点在し、

伝統の暮らしと文化を現在に伝えるミュージアムになっています。

 

  • 会社概要
  • 会社の歴史
  • 会社の特徴
  • CSR活動
TOP Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.