エントリーは、リクナビもしくはマイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 採用サイト
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
初級編

右向け右の生き方じゃあ、魚群の中の1匹と同じようなもの~第一章~

Q:説明会から選考は始まっている?

 

 

先ずは、会社説明会の意義である。

意義は「学生が選考に繋げられるもの」である。

会社説明会ではあなたは大多数の一部であり、選考評価と無縁な会社説明会がほとんど(8~9割)であるということは「真実」。

しかし、評価と無縁だからと言って、一部だけ(あなた)が光るチャンスが必ず埋まっている。
それに気づくんだ!

企業側は臨戦態勢(選考評価の見極め)ではないが、学生が臨戦態勢で臨まないメリットはどこにもない。
あっても「その場は楽したい」という怠慢できるメリットがあるだけ。

就職サイトや企業HPを見て、説明会をただ聞くだけで、選考で有利になるように自身を差別化しようなんて考えは、都合良すぎ。大多数と同じ行動をしてたら、意味がない。

 
工夫できるチャンスはいくらでもある。

例えば、

・会社説明会は、受付開始5分前までには到着せよ
社員と接する機会が増え、面接のトークに活用できる情報を得ることができる。
名前もフルネームで聞き出す。

・座席は一番前を確保せよ
周りは、ただ単に聞いているだけだ。
だからあなたは、頷きを自分が思っているよりもオーバーリアクションで行うこと。
意外と顔を覚えてくれる。もちろん高評価ポイント。

・会社説明会は最後まで残れ
面接でしゃべるネタを作ることに注力する。
ここが他学生と差別化できる最大のポイント。

・その他は、「第二章」と「第三章」に記載します。


つまり、会社説明会中はあなたの頭の中と意識を「どうやったら面接を突破できるネタを収集できるか」でいっぱいにするんだ。


「聞いて、書いて、ネタ作り」があなたのやるべきこと。


これをやらないと、履歴書や面接トークで、中身のない薄っぺらいものになるぞ。

アピールポイントは、いくらでも作れる。
ないない言ってないで、工夫することを考えること!

ではまたね。

TOP
Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.