エントリーは、リクナビもしくはマイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 採用サイト
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
初級編

新卒採用を行う企業が筆記試験を実施する"7つの理由"とは?

Q:筆記試験の結果って大事?

 

 
筆記試験を企業が行う理由としては


(1)足切りの口実のため
・学歴
・大学、学科種別
・男女、留学生

(2)学力レベルと適性レベルによる選別のため
・資質や基礎能力
・職務志向
・組織風土適合
・情緒傾向
・実践能力

(3)面接結果の信憑性チェックを行うため
※一般的に面接評価の信憑性は2割程度であり、信憑性レベルが4~5割の筆記試験を実施し、評価を補う。

(4)弊社のような育てる採用の一環としてのフィードバック素材として活用

(5)入社後の配属決定の参考資料として活用

(6)選考ステップの増設
※ステップを一つ増やし、学生と会う機会を意図的に増やす(合う理由は様々)

(7)データ収集目的
・来期の採用計画や方針決めとして活用
・既存組織(社員に受験させ比較する)の改革に利用


学歴採用の撤廃、女性人材の活用、グローバル人材の積極採用が主流になってきているため(1)については、だいぶ無くなっているのではないかと思っている。

また、実施理由はいくつか挙げられるが、企業ごとに筆記試験結果の比重をどれだけおいているかは私にもわからない。

そもそも筆記試験は客観的評価の指標の一つだから、結果にシビアな企業はシビアであろう。
それも選考ステップ初期段階で行う筆記試験は、よりシビアなはず。
後半のステップなら温情もありえるが、前半はほぼないと考えたほうがいい。

対策としては、効率的に勉強するしかない。
筆記試験別に参考書を2冊(内容の違うもの)買い、傾向理解と解答までのプロセスに注目して解く。

あとは、ワクワクしながら解ければ最高。

年明けから勉強しようなんて思っていたら、危険。
年明けまでには完璧にしておかないと、大学試験とバッティングしてしまう。
だから、今すぐ勉強すること(本来ならば今年の夏休み期間に終えるべきだが)

就活においても、準備は本番より大事なのだ。

ではまたね。

TOP
Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.