エントリーは、リクナビもしくはマイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 採用サイト
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
初級編

これを知らなきゃ、損するかも。「ターン就職の効率化」を実現させる方法とは?

UJIターンの最大の問題は「物理的な距離とそれにかかる費用」である。
つまるところ、「効率の徹底」が必要なのだ。

そこで、私が今考えうる効率化のアイデアを教えることとする。


・Uターン者を積極的に求めている地方自治体が主要都市に事務所を置いている場合があるので、それらを探しコンタクトをとる。

・地方自治体によっては、就職の際に「報奨金」が貰えることがあるので確認する。

・出来るだけ地元の合同説明会には参加し、情報を集める。
大手就職サイト主催のものだけではなく、商工会議所やハローワーク主催のものもチェックすること。
または、UJIターン者向けに都内などで開催している場合があるので、それには必ず参加する。

・合同会社説明会で地元を訪れた際は、地方にある大学の就職課にこっそり入り、求人票などをチェックさせてもらう。※自己責任でお願いします(笑)

・地元にいる友人や親御さんに「就活系の資料」を集めてもらい、着払いで郵送してもらう。

・地元に密着した就職サイトを利用してみる

・地道に地元企業のHPを探す(苦笑)

・地元に支社のある企業に「希望勤務地に就けるか」を説明会に参加する前の段階で尋ねる。

あとは、単純に資金を貯めないといけないので、倹約すること。

 

効率化を徹底させるために、ただ単に「行ったり来たり」するのではなく、「行ったらとことん情報収集しよう」という意識を持たねばならない。

地方は1社ごとの距離が離れていることが多いので、1社選考を受験して疲れて「あぁ、今日はもう帰ろう」と考えては駄目。
「まだ時間があるから、地元の大学やハローワークを見てみよう」と考えるようにすべき。

出来ることはまだまだあるはずだから、一度自分で探してみてね。
ではまたね。


 

初級編 >> 「就活全般」の記事一覧
TOP
Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.