エントリーは、リクナビもしくはマイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 採用サイト
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
初級編

「Will・Can・Mustの輪」をご存知でしょうか?

就活講座などで度々出てくるものですので、聞いたことがある学生もいると思います。

「Will」=自分がしたいこと

「Can」=自分ができること

「Must」=自分がしなくてはいけないこと

それぞれ一つずつの輪とし、3つの輪が大きく重なれば重なるほど、やりがいを持ちつつ、成長できるとされています。

これを就活に当てはめると、

「Will」=「自分がやりたい仕事」

「Can」=「自分が提供できること」

「Must」=「Willのために自分がすべきこと」

この3つの輪を考えて、どの企業ならば一番重なるかと考えます。


シンプルですが、これは実は高度なものです。


「自分のやりたい仕事」は、企業はすぐにやらせてくれないものです。

コンサルティングやマーケティング、企画などの業務内容ですが、一般的には20代はひたすら下積みで終わります。

大概は役職と実績がついて初めて、学生のころに描いた「やりたい仕事」ができるのです。

「自分が提供できること」は、これから能力が伸びる可能性を大いに秘めているので、現段階で推し量ってしまうのは、非常にもったいないことが起こります。

学生の頃に活躍した能力が、社会に出たら通用しないこともあります。
逆のケースもあり、とあるきっかけで変貌をとげることもあります。
そして、光るものを持っていても企業が磨かなければ光らないこともあります。

「自分がすべきこと」は、「Will」と「Can」が確定しないことには明確にできないものです。

3つの輪は、シンプルな分、わかりやすく、取り入れやすそうですが難しいものです。

ただ、「私はこれだ!」と、Will・Can・Mustの輪を完成させて社会に出てからどんな壁にぶつかろうが、負けずに断固たる意志で行動するくらいの気持ちでい続けられれば、この3つの輪は必ず重なっていくでしょう。

強い意志がこれを完成させるキーワードなのです!

是非、一度じっくり考えてみてくださいね。

初級編 >> 「就活全般」の記事一覧
TOP
Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.