エントリーは、リクナビもしくはマイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 採用サイト
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
補習編

"都市伝説に怯えるか""ローリスク・ミドルリターンの好機を掴むか" は あたな次第!

Q:面接で質問しないと印象が悪い?

 

質問の有無が評価を分けるなど、もはや都市伝説。
ありなしが評価を分けることはない。

内容次第では加点にも減点にもなりえるだろう。
聞き方、言い方でプラス評価・マイナス評価にもなる。

発言するということは聞き手に何らかの感情が生まれている。
本来、ほとんどの企業では質問の有無は評価に関係ないが、人間(面接官)の感情の振れ幅は常に何かしら反応するもの。

相手はWEBのQ&Aの質問入力方式システムじゃない。
感情ある人間だ。
本人は評価項目に入れておらずとも無意識の評価が存在している。
それが合否を分けることもありえるのだ。

「手当やボーナスはどれくらいいただけますか?」
「希望勤務地はどれくらい融通が利きますか?」

「実家に仕送りすることを目指してまして、私の中では給与額も大切な選択項目になってます。恐縮ですが手当や・・・」
「身内の面倒を見る機会が多くなるため、勤務地や配属先のことで希望があるのですが・・・」

このように聞き方一つでだいぶ印象は変わる。


そして、

質問は内容が良ければアピールにもなるのだ。

「仮に内定をいただけたら、入社後にスタートダッシュをかけたいと考えています。
志望する職種は営業職なので学生のうちに営業のアルバイトをして経験を積みたいと思います。
面接官さんのお薦めする"入社後でも活かせるスキルが身に付く営業のアルバイト"はありますか?」

「単位も十分取れているので空いた時間を有効に使いたいと考えています。
内定をいただけたら"これを勉強しておくと良い"というものはありますか?もしくは課題などをいただき勉強したいのですが・・・」


質問する機会が与えられるということは『1アウト3塁(走者は西武の片岡)』くらいのチャンスがある。
ゲッツーにならなければ大概加点だ。※わからない人はすみません。。。
何も発言しないで代打を送られてしまうか、打席に立って打点を稼ぐのかはあなた次第。
質問のコツさえ掴んでいればほぼ加点できる状況。
※質問のコツに近いものはいろいろ投稿済みなので他記事をチェックしてみてね。

まさにローリスク・ミドルリターンが質問の機会なのだ。
ではまたね。

TOP
Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.