エントリーは、リクナビもしくはマイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 採用サイト
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
中級編

知らなきゃ損するっ!『デキる質問のコツ 7連発』~デキないままで良いなら見ないでね~

Q:「デキル」と思った学生の質問とは?

 

 

例の如く、箇条書きでお伝えしていく。
※何故、箇条書きにしているかは、過去の投稿をご参照ください。


・意欲が伝わってくる質問
例:学「入社までに何をすれば良いですか?」→面「学生時代は遊んでください」→学「それは承知していますが、それでも早くから活躍したいんです」くらいの意欲。


・相手の主観的感情で答えさせるものではなく、求める回答の客観的論証を引き出す質問
つまり、その質問によって何を検証したいのかを明確にしていること。
曖昧な回答や主観的すぎる回答を求めていては、本質を見誤る可能性が高いので危険。

  
・今度私が投稿予定の「良いインタビューの方法」を行っている
※詳細説明は上級編で更新予定の記事を参照してね。
1:質問のパターンを覚える
2:逆サイドに展開させる
3:選択式の答えを用意してあげる
4:聞きたいことの全体像を最初にシェアする
5:相手の視点を意識する
6:勝負どころはトコトン聞く
7:何よりも最初に関係構築を行う


・質問がブツ切りにならない
異なる内容の質問の連続は尋問と同じ。


・提案ベースの質問
例:「内定をもらえた場合、入社後にスタートダッシュをかけるために、すぐ御社で勉強させていただきたいのですが、可能ですか?」
熱意プラス提案は非常に良い。


・答えてほしい理由を相手に先に伝えている
人間(とくに男性)は理由を必要とする生き物であり「その質問にワイは何のために答えるんや!」と思ってしまう。
そのため、質問の前に聞きたい理由を話すことが、良い答えを引き出すコツである。
さらにあなたの質問理由に対してカスタマイズした回答をしてくれるはずであり、一般的な回答よりも実りのある答えを得られる。


・ど真ん中ストレートの質問を素朴さと純真さで投げ込んでくる(笑)
これは私個人的にやられるね。こういうテクニックなしの質問方法が一番であったりもする。

 

贅沢を言えば、相手に合わせた質問方法を選択できると良いのだが、実際は難しいだろう。
しかし、今回の投稿テーマは「デキると思った学生の質問」であり、滅多にいないから相対的に「デキる」わけである。
だから、難しいと思って自分を磨くことから逃げたら、いつまで経っても「デキない」まま。
こればっかしは、努力と練習しかない。
でも不可能なほど、高い壁ではないはず。
社会人になってから、磨かないといけないスキルでもあるのだから、今のうちに習得することは良いことである。

ではまたね。

TOP
Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.