エントリーは、リクナビもしくはマイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 採用サイト
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
中級編

デキル人の優先順位の秘密

就活でも仕事でも「半人前」は存在する。

 

特に「やることを抱え過ぎて忙しい!」と嘆く者は半人前。

目先のことに忙殺され、本来やるべきことができないorやっつけ仕事になっているのだ。


その結果、さらなる最悪な事態へと展開していく。

そんな事態は昼ドラの脚本以外、到底お断り(笑)

 


この悪循環を防ぐには、今あるタスクを「緊急かつ重要」「緊急ではないが重要」「緊急だが重要ではない」「緊急でも重要でもない」の4つに分類し、プライオリティーをつけることが大事。


すると、いかに「緊急ではないが重要」なことができていないかがわかるはず。

重要なのは、ここを「緊急かつ重要」にならないように早めに片していくことである。

決して「緊急ではないが重要なこと」を「緊急かつ重要」にさせてはならない。

してしまったら、悪循環のリスタートだ。

 

デキル人間は「緊急ではないが重要なこと」を早めにクリアする者である。

ビジネスの現場では急に仕事が増えたりするため、出来るだけ危険なタスクを消化しておくのがクールなやり方。


ただし、あくまでも相手目線であることが重要。
自分の価値観で「重要じゃない」「緊急じゃない」なんて判断する者は、半人前以前のちょ~問題児。


「いや、自分は大丈夫だと思ってたんすけど」


問題児からはそんな言葉が返ってくる。


まことぉ~。これはあかんて、ほんまにも~。(板東さん口調で)


就活でもこれを応用して、一人前になる訓練を事前にしておこう。

新社会人になったら、良いスタートが切れるよ。


ではまたね。

TOP
Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.