エントリーは、リクナビもしくはマイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 採用サイト
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
中級編

同じ仕事でも働く目的が違う職人の話

いきなりで申し訳ございませんが、まずは下記の文章をお読みください。

 

 

古代ギリシアの時代。

三人の石工(石切り)職人がいました。

毎日大量の汗を流しながら、ひたすら石を切り、同じ給料で働いています。


そこに一人の旅人が現れ、石工職人たちに質問をしました。


「あなたは、何のために石を切っているのですか?」


一人目の職人
「お金をもらうためだよ」


二人目の職人
「将来、腕の立つ職人になるために仕事してるんだよ」


三人目の職人
「これから何百年も町のみんなが訪れることができる立派な教会の土台になるんだよ」

 


一人目は、職業へのこだわりはなく、生活のために働いています。

二人目は、職業への誇りを持って、お金以上の価値を見出して働いています。

三人目は、自分が働いた結果、多くの人が喜ぶことを思いながら働いています。

 

同じ作業をしている職人に、同じ質問をしても全く異なる答えが返ってきました。


そうです。
これが仕事に対する目的や姿勢の表れなのです。


この話は誰が模範的であるというものではありません。
働く価値観は人それぞれであり、良いも悪いも存在しません。


あなたはどんな仕事がしたいのか?何のために仕事がしたいのか?


それを考えさせる話なのです。

 

これ以上は、私からお伝えしません。

どうでしょう。
みなさんも一度考えてみては。

TOP
Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.