エントリーは、リクナビもしくはマイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 採用サイト
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
上級編

「企業の規模」ではなく、"マッキンゼーの7S"と"組織構造"で比較してみてください

Q:企業規模によって何が違う?

 

 

『辛口就活評論家』こと、就活ご意見番の採用担当者エックスが投稿していく。

 

企業規模によって何が違うということは一概に言えない。
差異を生むのは企業規模ではなく、「組織構造の違い」が主となるだろう。

 

マッキンゼーの7Sと呼ばれる組織を包括的に理解するフレームワークがある。

(1)Strategy/戦略・・・持続的な競争優位を築くための方策
(2)Structure/組織構造・・・組織形態、分権形態
(3)System/システム・・・組織運営の仕組みやルール
(4)Staff/人材・・・社員の特性
(5)Skills/社員や組織が持つ技能や能力
(6)Style/スタイル・・・企業文化などの経営スタイル
(7)Shared Value/価値観・・・社員が共有する経営理念やビジョン

 

これを見てわかるように組織規模だけで違いを話すことは無駄な議論に成りかねない。
7Sに当てはめて見ると組織の違いを見つけることができるだろう。


そして今回は違いを見つけやすい一つの見方を紹介する。

 

<1>機能別組織・・・開発、製造、営業、財務などの経営機能別に構成された組織形態
※専門性UP、経営効率UPが望めるが、部門間での亀裂が起こりやすく、最終的な意思決定が遅い

 

<2>事業部制組織・・・製品、サービス、顧客、市場などによって組織を分割した組織形態
※意思決定スピードUP、競争意識UP、経営リーダーの育成がしやすいが、競争意識が強すぎることで全社協力体制が困難かつ業務の重複があるため非効率になる

 

<3>カンパニー制・・・事業部が分社化し独立性が高い組織形態
※事業部制の強化版

 

<4>マトリックス組織・・・機能別と事業部制組織を組み合わせた組織
※機能別と事業部別のメリットを保てるが、組織が複雑化するため指揮系統の混乱を招くことになり、組織運営が非常に難しい

 


企業の違いを一つの指標で見ることは大きな誤解を生んでしまう。
だから、様々な測量法を自らが持たなければいけないのだ。

ただし、ときには直感も必要。
考え過ぎることは思考と行動を止めてしまうので、測量に凝り過ぎないように!
ではまたね。

TOP
Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.