エントリーは、リクナビもしくはマイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 採用サイト
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
上級編

相手(企業)の目論見を読み切るためにはいったい何が必要か??

Q:グループワークはどこを見てるの?

 

 

『辛口就活評論家』こと、就活ご意見番の採用担当者エックスが投稿していく。

グループワーク時の評価をいつもの如く一般論に持論を加え、語っていくことにする。

 

よくあるケースでは自社の優秀な社員の行動特性と照合できるように、その特性が現れるGWの課題にしているはず。

 

評価方法で先ず考えられるのが「不安因子の排除」である。
GWの評価項目をいくつか設定してあるが、不安要因となりやすい因子または評価の学生を不合格にするパターンだ。

次に「尊重因子の評価」である。
これは、尊重すべきスペックまたは評価を獲得したら合格とするパターンだ。
もう一つは、上記の2つを組み合わせてバランスを取るパターンである。


また、評価を何に設定しているかを断定しようとするのは、スカイツリー(2階)から目薬な話になってしまうので避けるが、ポイントはいくつか挙げてみよう。

 

・問題分析力/論理的思考力
・プレゼンテーション能力
・議事運営能力
・コミュニケーション能力
・誠実さや素直さなどの性格因子
・志望度合い
・物の考え方や意識、価値観
・想像性や展開力

 

これらに併せて「折衝時の対応」が鍵である。
メンバーが衝突したときに出る態度や行動を確認しているのだ。
人間は平時とストレス状態では違う反応が出てしまうもの。
だからあえて学生同士を衝突させるようなお題を企業は好む(笑)

 

あとは「インプット」と「アウトプット」に能力を分けて評価しているケースもある。
話す力と聞く力、意見する力と許容する力などを対比させていることもある。

 

どんなことを求められているかは、求める人物像や選考ステップ、お題、制限時間、参加人数などを考慮して自分で導き出すことがどうしても必要。

まあつまり、仮定と予測を展開して、お題の意図を読み切ることしかぁないっ!

ではまたね。

TOP
Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.