エントリーは、マイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 就活塾
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲

先輩社員紹介

美術輸送 桐野 祐輔

Data

得意な仕事
資材整理
苦手な仕事
軸物、屏風、巻子の取り扱い
仕事での目標や挑戦
自分が苦手としている仕事を克服し、様々な美術品の取り扱い方を身につけたいです
休日の過ごし方
家でDVDを観たり、車を洗車したり、目的も無くドライブしたりして過ごしています
特徴や性格
短気
3つの持ち物
カッター、スケール、白手

仕事内容

入社してすぐの仕事は、研修から始まりました。

絵画作品の梱包の方法や飾り方、作品の箱を作る方法を教えてもらい1ヶ月程現場に出ることもなく会社で練習の毎日でした。

そして、入社して1ヶ月たったくらいから少しずつ現場に出させてもらい、仕事の流れを覚えていきました。

最初は現場の雰囲気に戸惑いながら、先輩の指示に従い行動し作品を触ることはなく資材の片付けや、

展示台を運ぶ作業をしていました。

その後1ヶ月ぐらいから作品を触り、展示をさせてもらい始めました。

現場での作品の展示は会社で練習していた時と違い、

お客様がいたり先輩が後ろから見ていたりしてた為、緊張の連続でした。

そんな日々が毎日続きました。そして入社して半年が過ぎたぐらいに展覧会の展示・撤去だけでなく、

出張で作品の集荷(借用)・返却に行くようになりました。

そして現在は神戸にある美術館の作業担当をしています。

作業担当は他の作業員に自分の段取りを伝え、作業の効率化UPを図り、的確な判断をすぐに下さなければなりません。

作業担当を持たせてもらったのはつい最近の事なので、まだ不慣れで戸惑ったり先輩にダメだしを受けたりしています。

これからもっといろんなことを学び、仕事に精進していきたいと思っています。

仕事の面白さ

仕事の面白さは、多くの美術作品に触って展示できるということです。

この仕事でなければ美術館に展示されている美術作品に触れることは出来ないので毎日感動の日々です。

ピカソやルノワール等著名な作家の作品を触れることはこの仕事に就いた特権だと思います。

印象に残っている成功エピソード

美術館の担当として最初の展示の時に、

お客様からレンガの表面に描かれた作品を見やすいように斜めに立たせて展示して欲しいとの要望があり、

その時いつも使っている展示道具がなく「ハリパネ」というキャプションに使う発泡スチロールの板を加工し

作品を斜めに展示することにしました。

この作品は裏にも絵が描かれており、後ろに何か咬ませると擦れて絵が消える可能性があったため、

その部分に当たらずしかもハリパネが来館者から見えないように工夫し展示しなければなりませんでした。

その対処法として私は作品が描かれていない作品の外側ところにハリパネが当たるように加工し、

作品が当たるところには緩衝材を詰め、

来館者が作品を見てハリパネが見えないよう少し小さめに気持ち内側へ向けて展示することにしました。

その展示方法を見たお客様から作品が引き立ってよく見えるようになったとお褒めの言葉をいただいた時は嬉しかったです。

トホホな失敗談

トホホな写真

毎日が失敗の連続です...。

作業で無駄な動きをして効率が悪くなり自分のせいで

作業が長引く事が度々ありました。

また絵画作品を運ぶ時っは通常作品は下から持つということが鉄則ですが、

初めて作品を持った時、額の上部だけを持つと

額が作品から外れる危険性があるのにも関わらず、額の上部だけを持っていて先輩に酷く怒られたこともありました。

一日の風景

img1

  • img1
  • img2
  • img3
  • img4
  • img5

一日のスケジュール

7:00 起床・朝食
7:30 出社(資材・器材をトラックに積み込む)
8:00 現場に移動開始
8:30
9:00 作業開始(朝礼で学芸員の先生と1日の流れの確認)
9:30 展示作業もしくは撤去作業
10:00
10:30 休憩(15分)
11:00 作業再開
11:30
12:00 昼食(1時間程とる。現場によって近くの定食屋に食べに行ったり、
   弁当を持参していくこともある。)
12:30
13:00 作業開始
13:30
14:00
14:30
15:00 休憩(15分)
15:30 作業再開
16:00
16:30
17:00
17:30 資材の整理・片付け(会社での資材整理を楽にする為。)
18:00 作業終了・帰社移動(資材・器材をトラックに積み込む。)
18:30
19:00 帰社(資材・器材をトラックから降ろす。)
19:30 資材・器材の片付け後、明日の予定の確認
20:00 退社・帰宅
20:30 夕食
21:00  
21:30  
22:00 就寝
7:00 現場に移動
(6:30分ぐらいに出社し資材・器材を車に積み込み次第現場に向けて移動開始。)
7:30
8:00
8:30
9:00
9:30
10:00 作業開始
(学芸の先生と一日の流れを朝礼で確認。)
10:30
11:00
11:30
12:00 昼食
(1時間程もらう。出来る限り弁当を作ってもって行く。)
12:30
13:00 作業再開
13:30
14:00
14:30
15:00 休憩(15分程度。作業ペースや作業担当者によって長かったり短かったりまちまち。)
15:30 作業再開
16:00
16:30
17:00
17:30 作業終了(契約の範囲内の仕事が終わり次第作業が終了する。
     ペースが遅くて時間が押してる場合はもう少し時間が遅くなることもある。)
18:00
18:30 帰社移動
(作業終了後の移動は疲れて寝てしまう。)
19:00
19:30
20:00 帰社(資材を片付けて帰宅する。)
20:30 帰宅
21:00 夕食・風呂
21:30  
22:00 就寝
7:00  
7:30  
8:00  
8:30  
9:00  
9:30  
10:00  
10:30  
11:00  
11:30  
12:00 起床
12:30 昼食
13:00 自由時間
(仕事開始時間まで時間があるので家でDVDを観たり自由な時間を過ごしている。)
13:30
14:00
14:30
15:00
15:30
16:00
16:30
17:00
17:30
18:00
18:30
19:00 夕食・風呂
19:30 自由時間
20:00
20:30 出社・現場に向け移動開始
21:00
21:30 作業開始
(たまに夜中の作業がある。
 いつもなら家でのんびりしている時間なので、常に睡魔との闘い。
 作業終了後はぐったりしている。)
22:00

『モノを運ぶ・管理する仕事』の先輩達

  • 職種紹介
  • 先輩社員紹介
  • ブレークスルーエピソード
  • 内定者紹介
TOP Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.