エントリーは、マイナビからお願いします。 ロジスティクス事業本部 エレクトロニクス事業本部 就活塾
画鋲 画鋲 画鋲 画鋲
トップページ 仕事×先輩 先輩社員紹介 システム企画開発部 鈴木 康司

先輩社員紹介

システム企画開発部 鈴木 康司

Data

得意な仕事
画期的なプログラム作り!
苦手な仕事
予期せぬシステム障害の対応
仕事での目標や挑戦
利用部門から頼られる情報システム部員に!
休日の過ごし方
旅行
特徴や性格
のめり込む方
3つの持ち物
ノートパソコン、辞書、工場見学用の帽子

仕事内容

私の所属する「生産管理システム支援チーム」は、工場の生産管理システムをつくりあげ、 そのシステムの情報を基に、

円滑に生産ができるようにサポートする「現代のものづくりに必要不可欠」なセクションです!

「仕入先が増えた。やり取りが便利になるシステムを導入したい。いっしょに検討して欲しいなあ。」

「材料を製造ラインへ出庫するリストをこう変えてくれたらミスが減りそう。なんとかできない?」

パソコンを立ち上げると、海外工場からこんなメールが英語だったり、ちょっとおかしな日本語で届いています。

さっそく電話して、「メールの件、詳しく聞かせてください!」と改善要望の背景をよくヒアリングします。

その内容を整理して、実現するならどれくらい作業量が必要なのか見積もります。

そうしたら、部署内で会議をして対応方針を決めます。

GOサインが出たなら、システムの設計・開発・テストに取り掛かります。時には現地へ海外出張して調整をしてきます。

そしてシステム導入数日後には、、

 「Thank you, Suzuki san!   おかげで早く家に帰れて奥さんと子供と過ごす時間が増えたよ(^-^)」

とお礼のメールが。。。

仕事の面白さ

「あそこの工場、出庫をロット単位にしたほうがいいんじゃないか。。。

 業務をこうしてもらって、システムはこうすれば、、、

 資材部のAさんと相談しよう!」

利用部門のニーズや問題点の調査・分析を行い、新しいシステムを提案・開発をし、

実際の業務を変えていくことができるのが、社内SEならではの面白さです。

当然、提案する内容には、責任がありますが、その成果に対し、

利用部門からの喜びをダイレクトに実感できる醍醐味があります。

印象に残っている成功エピソード

ある日のこと、こちらの業務改善の提案事項に現場の資材部門も納得してくれ、

「出庫単位の件、XXの案を検討しています。」と全体会議で発表。

しかし、製造部門長 から「ちょっと待った。そんなことされたら、うちが困るけん。」と一喝。

うーん、、確かに製造部門長の言うことも一理ある。

けど、この工場のためには、、会社のためには、、これが必要なんだ!

「製造部門長のおっしゃりたいとこともわかります。

  しかし、全体最適を実現するためにこの案が必要なんです。」

と説明したところ、 最終的には製造部門長も納得してくれ、この改善提案のGOサインは出ました。

実際に、この提案により、利用部門の効果が上がり、製造部門長から感謝されました。

トホホな失敗談

トホホな写真

「Bさんから依頼されてた機能がやっと完成。テストもしたし、

後は本番用のシステムで念のためテストするだけだ。」

「動かしてみたけど、、、あれ、、、思ったより返答が遅いなあ。。。」

(数分後。。。)

Bさん 「この機能とあの機能が動かないんだけど。。。」

私 「確認してみます。(もしかして。。。)」 調べてみると、他の機能まで止まらせていました。

定時後で利用者がほとんどいなかったのが不幸中の幸い。。。

直ちに、システム不具合内容を洗い出し、徹夜でプログラムを修正し、翌日の生産は無事円滑に行われました。

一日の風景

img1

  • img1
  • img2
  • img3
  • img4
  • img5

一日のスケジュール

7:00  
7:30  
8:00  
8:30 出社。車で20分くらい。
9:00 朝の連絡会。 メールチェック(サーバーの監視メールをドキドキしながら見る)
今日のスケジュール確認・今日はどこまではやり切るか目標を決める。
9:30
10:00 香港の購買オフィスと電話で打ち合わせ。
経理レポートの改修について。
香港のスタッフは 日本語が話せる。らくちん。
簡単な議事録をメールで書いて終了。
10:30
11:00
11:30
12:00 昼食 。外食だったり、コンビニ弁当だったり。
12:30
13:00 ベトナム工場から頼まれていた材料発注機能の改修。
プログラム開発には集中力を発揮するので、あっという間に時間がたつ。
13:30
14:00
14:30
15:00
15:30
16:00 改修したプログラムが要件通りに稼動するかテスト。
うーん、やはり一発ではうまくいかない。。。

それでも思ったより早く完了できたので、マニュアルもしっかりめに直す。
16:30
17:00
17:30
18:00 あっという間に定時に。1日の締めとして、今日の目標達成度合いを手帳にメモる。
今抱えている作業の整理と明日の業務の優先順位の確認をして、退社。
18:30
19:00  
19:30  
20:00  
20:30  
21:00  
21:30  
22:00  
7:00  
7:30  
8:00  
8:30 出社。車で20分くらい。雨の日は+10分。
9:00 メールチェック。
メキシコ工場からヘルプ!のメールが。。。
時差があるので、午前中にヒアリングしなきゃ。
それからシステム状態の確認。
海の向こうのメキシコ工場のサーバーアクセスする。
便利な世の中になりました。
9:30
10:00
10:30
11:00
11:30
12:00 昼食 。今日はコンビニ弁当。食べながらシステムを確認。
12:30
13:00 トラブル原因の調査。
原因がつかめない。。なんとなくここなんだけど。。。
メキシコは真夜中で 現場の人にも連絡つかない。。。

これ以上、時間がかかってしまうと業務へ影響が出そうだ。
パッケージシステムの開発元業者へ調査を依頼。
13:30
14:00
14:30
15:00
15:30
16:00 原因解明。ほっと一息。

プログラムを改修したり、
異常のデータの修正作業する。
16:30
17:00
17:30
18:00
18:30 トラブルが解消されたかどうかの最終確認。
テストはいつも重要。

今回の トラブルのレポートをまとめて、次回の対応に役立てる。
19:00
19:30
20:00
20:30 今日はトラブル対応で終わってしまったが、1日を締めは忘れずに。
今抱えている作業の整理と明日の業務の優先順位の確認をして、退社。
21:00
21:30  
22:00  
7:00  
7:30  
8:00  
8:30 宿泊先のホテルから工場へ移動。
9:00 朝の連絡会。 メールチェック。
今日のスケジュール確認・今日はどこまではやり切るか目標を決める。
9:30
10:00 工場内の製造ラインへ行って見学、ヒアリング。
どんなドキュメントを使っているのか? その出所は? それを元に何をしているのか?をチェック。
それと、現場の人が感じている問題も聞きだす。
10:30
11:00
11:30
12:00 昼食。工場の食堂で。けっこうおいしい。
12:30
13:00 ヒアリング結果資料をまとめる。
13:30
14:00 業務を見直してみたり、
システム改修を検討する。

本社の上司や先輩にも相談。
14:30
15:00
15:30
16:00
16:30
17:00
17:30
18:00 1日の締めとして、今日の目標達成度合いを手帳にメモる。
明日の業務の優先順位の確認をして、退社。
18:30
19:00 夕食。工場赴任者たちとレストランへ。
19:30
20:00 宿泊先のホテルへ戻る。
20:30 本社へ報告するレポートを作成。
英語を使うせいか、なんだか疲れる。早く寝る。
21:00
21:30  
22:00  

『サポートする仕事』の先輩達

  • 職種紹介
  • 先輩社員紹介
  • ブレークスルーエピソード
  • 内定者紹介
TOP Copyright(c) Katolec Co., Ltd. All rights reserved.