Corporate Information

沿革

沿革

1877年(明治10年)   高松で加藤彌太郎が廻漕業を創業。 
1928年(昭和3年)   「株式会社加藤海運商会」に改組、神戸に本社を置く。
阪神~香川県を結ぶ貨客定期航路(讃岐航路)を開設。
1957年(昭和32年) 「加藤汽船株式会社」に改称。
貨物部門を「加藤海運株式会社」として分離。
1961年(昭和36年) 11月 高松~京都間の一般路線貨物自動車運送事業の免許を取得。(現カトーレックの創業)
1963年(昭和38年)   高松支店にて、大手百貨店の宅配事業を開始。
1965年(昭和40年) 4月 「福寿運輸株式会社」(愛媛県西条市)及び「四国精密自動車工業株式会社」(現 精密自動車サービス株式会社)を設立、自動車整備事業を開始。東京事務所を開設。
1966年(昭和41年) 11月 「加藤倉庫運輸株式会社」(香川県高松市)を設立。輸送と保管を一元化して、総合物流を実現。
1967年(昭和42年) 4月 「加藤汽船株式会社」陸運部から独立し、「加藤陸運株式会社」設立。(現カトーレックの設立)
1976年(昭和51年)   「財団法人四国民家博物館」(通称:四国村)設立。利益の社会還元を図る。
1980年(昭和55年)   エレクトロニクス事業に参入し、電子部品の組立・製造を開始。
1982年(昭和57年)  美術輸送東京支店を開設。美術品の保管・梱包・輸送・展示などの一貫したサービスシステムを確立。
宅配部門で大型コンピュータを導入、荷主企業とオンラインネットワークによる配送管理システムを確立"
10月 松山工場稼働。
1988年(昭和63年)   「財団法人四国民家博物館」が、日本建築学会賞を受賞。
重要文化財家屋17棟展示。
1992年(平成4年) 4月 「加藤陸運株式会社」から「カトーレック株式会社」に社名変更。
グループ会社の「福寿運輸株式会社」は、「カトーレックウエスト株式会社」に社名変更。
1993年(平成5年) 8月 東京本社ビル竣工。東京本社ビル内に美術品専用倉庫完成。
9月 「カトーレックインドネシア」設立。
1994年(平成6年)   財団法人四国民家博物館の運営に対し、メセナ大賞「地域賞」を受賞。
1996年(平成8年) 6月 「カトーレックフィリピン」設立。
7月 「カトーレックタイランド」設立。
1997年(平成9年) 4月 グループの資材調達部門として資材センター設立。
6月 加藤英輔社長就任。
1999年(平成11年) 3月 高松工場稼働。
2002年(平成14年)3月 「カトーレック香港」設立。国際購買部門をスタート。
7月 EMS推進センター設立(資材センターから改称)。設計部門を強化。
12月 中国深圳工場(沙井新橋加達利製造廠)稼働。
2003年(平成15年)7月 本社を東京都江東区へ移転登記。
9月 「カトーレック蘇州」設立。
2005年(平成17年) 10月 「カトーレックベトナム」設立。
2006年(平成18年)7月 「カトーレックチェコ」設立。
8月 「カトーレックバハカリフォルニア」設立。
2007年(平成18年) 4月 美術輸送大阪営業所開設。
2008年(平成19年) 6月 NPS研究会に入会。
2009年(平成20年) 9月 中部支店開設。
2011年(平成23年)2月 「カトーレックエンジニアリングタイランド」設立。
4月 「カトーレックマレーシア」設立。
2012年(平成24年)7月 「カトーレック広州」設立。
2013年(平成25年)8月 「カトーレック香港ロジスティクス部」設立。
2014年(平成26年)10月 「カトーレックグアナファト」設立。
2015年(平成27年)10月 福岡営業所開設。
2016年(平成28年)3月 仙台営業所開設。
10月 無人化FAエンジニアリング会社の(株)コスモ技研を買収。
2017年(平成29年)4月 インドに合弁会社Minda Katolec Electronics Services Private Limited設立。