ELECTRONICS

EMS事業

EMS(電子機器製造受託サービス)事業 [設計・調達・製造]

お客様の「つくる」をワンストップサービスで。

EMS(電子機器製造受託サービス)をグローバルに展開

近年のエレクトロニクス製品のモノづくりには二つの潮流があります。 ひとつは、アウトソーシングという流れです。

大手メーカーは熾烈な競争に勝ち抜くため、経営資源を開発・設計・マーケティング等に集中させ、物づくりの機能を他社へ委託する(アウトソーシング)という流れが顕著になってきました。EMS (Electronics Manufacturing Service.製造受託)と呼ばれる「物づくり専門企業」が現れたのもそうした時代のニーズによるものです。 もうひとつの流れは、生産拠点の海外移転です。日系メーカーは、こぞってアジアや中国などに生産シフトしました。 

カトーレックは1980年にエレクトロニクス事業に参入。以来、プリント基板の実装を中心にした物づくりのノウハウを着実に身につけてきました。1993年のインドネシアを皮切りに、アジア・中国・北米にも生産拠点を整備。現在では国内外の生産拠点で設計から部品調達、さらに完成品の組立まで本格的なEMS企業として一貫したサービスを提供しています。 

「品質最優先」の理念のもと、高品質・低コストを実現し、自動車業界のセクター規格「IATF16949」、品質及び環境マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」及び「ISO14001」の認証を次々と取得しています。

カトーレックのEMSの特徴

  • ① 海外10生産拠点と国内2生産拠点のメリットを活かした最適地生産
  • ② 先端実装技術
  • ③ 優れた材料調達力、香港と日本に部品調達拠点(IPO)を設置
  • ④ 多品種少量品・モジュール製品・FPC(フレキシブルプリント配線板)実装にも対応
  • ⑤ KPICS(自社開発 生産管理システム)の導入による効率化
  • ⑥ 設計から納品までの一貫したサービス提供
ph_ems-1_03

生産実績

民生機器から車載機器まで

オフィス・家電等の民生機器、通信・住宅・エネルギー等の産業機器、自動車のフロントパネルやテールランプ、スマートキー等の車載機器など幅広い分野でアセンブリサービスを提供しています。基板実装からモジュール品、完成品の製造まで対応可能です。

生産実績

試作から量産までのシームレス対応

  • お客様から商品企画のアイデアをいただき、回路・機構を設計の上、試作・評価から量産まで柔軟かつシームレスに対応します。
  • VA/VE や部品 EOL に伴う設計変更サービスも受託いたします。

実装技術と設備

熟練技術者と最新設備で生み出す高品質

SMT (Surface Mount Technology)とは表面実装技術のことで、電子部品(特にチップ化された小型化部品)をプリント配線板等電子基板に実装する技術を指します。 カトーレックでは、高度な表面実装技術により、薄型化・小型化された電子機器の生産に対応しています。

インサートマシンからSMTマシンまで、国内外の工場で最新鋭のマシンを導入し、ハンダ付け装置・ディスペンサー(ボンド塗布機)・スクリーン印刷機・検査機等 を統合した自動マウントシステムを構築しています。埃を嫌う製品についてはクリーンルームでの実施を行っています。また、エポキシ樹脂注入機による表面実装後のエポキシ樹脂コーティング技術も保有しています。

ph_ems-1_09
ph_ems-1_09
KIPS(Katolec Innovative Production System)

NPS思想・手法を生かしたKIPSの推進で、製造から物流までの「整流化」に取り組んでいます。この継続的な改善活動が、「ロジトロニクス」としてお客様に新しい価値を提供することに繋がっています。

※New Production Systemの略称でトヨタ生産方式を学ぶことで事業の改善を図る研究会